FC2ブログ

社寺林

 都市部では自然が消えてしまっていますが,農村・山村でも豊かな自然が必ずしも残っているわけではありません.そんな中で,その地域の自然を象徴しているのが,社寺林です.もちろん社寺林の特徴として参道に共通してスギやケヤキなどの木が植えられていることも多いのですが,木を切らないため,大きな自然の木がよく残っています.また,いわゆる里山のように,林床が開けて乾いていません.大きな木があるとムササビやフクロウなどが棲みやすくなります.問題は,社寺林は概してこじんまりとしていて,面積が狭いことです.下の写真は社寺林の参道とそこに棲むムササビの糞です.

社寺林
ムササビの糞
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

首都大動物生態

Author:首都大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR