FC2ブログ

新種,ヒガシヒダサンショウウオ

 少し前(6月下旬)ですが,研究室の大学院生と卒業生が,大分大学およびロシアの研究者と共同で,ヒガシヒダサンショウウオ Hynobius fossigenus という新種の記載を行いました(この論文).これまでヒダサンショウウオ H. kimurae と扱われていた集団のうち,東京,埼玉,神奈川,山梨,静岡,愛知のものを別種として区別したものです.写真は上からヒガシヒダサンショウウオ,ヒダサンショウウオの順です(縮尺は異なる).両種はよく似ていますが,ヒガシヒダの方が体が大きく,頭胴長に対して頭部が小さく,胴部,四肢,尾部が長い傾向があります.紀伊半島に分布するオオダイガハラサンショウウオ H. boulengeri もヒダサンショウウオにごく近縁の種です.
ヒガシヒダサンショウウオ
ヒダサンショウウオ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

首都大動物生態

Author:首都大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR