FC2ブログ

9月と言えばカトカラの季節

 9月半ばに,研究室の学生が長野県で夜間採集を行い,多くの蛾の写真を撮ってきてくれました.カトカラと呼ばれる蛾の写真がそろっていたので紹介します.カトカラとはその属名 Catocala からそう呼ばれています.この仲間は比較的大型で,前翅が木の幹の模様にそっくりです.普通は翅を屋根型に閉じて止まるため,なかなか見つけることはできません.しかし,驚かせると,翅を開いて,後翅のよく目立つ奇麗な色の帯模様を見せます.おそらく天敵である鳥などに襲われそうになると,これで一瞬驚かせて逃げるのだと考えられています.驚かせるためには,鮮やかであれば良いので,紫(ムラサキシタバ),黄(ジョナスキシタバ),赤(エゾベニシタバ),白(オオシロシタバ)と種ごとに様々です.
ムラサキシタバ
ジョナスキシタバ
エゾベニシタバ
シロシタバ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

都立大動物生態

Author:都立大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR