FC2ブログ

オガサワラヤモリの闘争行動

 単為生殖で増えるオガサワラヤモリには,遺伝的に異なるクローンが存在します.そうしたクローン間で餌をめぐる闘争行動に差があるのかどうか,さらに同所的によく見られるホオグロヤモリ(有性生殖)との闘争ではどうなるのかを実験的に調べた論文が今日出版されました(Murakami, Y. and Hayashi, F. 2018. Behavioral interactions for food among two clones of parthenogenetic Lepidodactylus lugubris and sexually reproducing Hemidactylus frenatus geckos. Current Herpetology 37: 124-132).弱気のクローンと勝ち気のクローンがいるようです.今回の実験では使っていませんが,下の写真はオガサワラヤモリの珍しいクローン型の一つです.
オガサワラヤモリ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

首都大動物生態

Author:首都大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR