FC2ブログ

チャエダシャク

 峨の中には,晩秋から冬にかけて成虫が出現する種が比較的多くいます.夜中,とても寒い中で,ひらひらと飛んでいたりして驚かされます.学生が,昨夜,チャエダシャクのオス(写真)を採ってきました.オスの触角は櫛状ですが,メスの触角は糸状です.本種は雌雄とも翅がありますが,いわゆるフユシャクと呼ばれる仲間では,メスの翅が退化あるいは消失しているものがほとんどです.
チャエダシャクのオス
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

首都大動物生態

Author:首都大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR