FC2ブログ

タイに生息するフィンレイソンリスの毛色多型(4)

 タイに生息するフィンレイソンリス(Callosciurus finlaysonii)のいろいろな毛色の亜種を紹介しましたが,ここにはさらにこのリスに近縁の2種,ハイガシラリス(C. caniceps)とクリハラリス(C. erythraeus)が棲んでいます(下の写真).これらのリス類のミトコンドリアDNAの塩基配列に基づく系統解析を行った結果,ハイガシラリスはフィンレイソンリスに近縁の独立種であることが明らかになった一方,クリハラリスはフィンレイソンリスとそれぞれ別のグループには分かれませんでした.つまり,クリハラリスはフィンレイソンリスと同種として扱うか,あるいは,これら2種はさらに多くの種に区別する必要があります.また,フィンレイソンリスの毛色の異なる亜種どうしの関係は,毛色が赤なら近縁,黒なら近縁,白なら近縁というわけではなく,毛色に関係のない地理的なまとまり(島は固有,大きな川を境に別の遺伝的集団)が認められました.日本にも,外来種としてこれらのリス類が定着してしまった場所がありますが,それらの遺伝的解析結果については,また今度話せればと思っています.それにしても,カラフルなリスたちですね.

ハイガシラリスとクリハラリス
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

都立大動物生態

Author:都立大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR