FC2ブログ

化石

 この何年か,昆虫化石に関する論文が,中国の研究者によって多数出版されています.シリアゲムシ類,ヘビトンボ類などあまりなじみがない昆虫に関しても,化石種の形態と現生種の形態を比較して系統樹を作製し,口器の形態など様々なボディプランの進化傾向が議論されています.細部の形態まで残存した全身の昆虫化石は,そう簡単には見つかりません.そうした化石がたくさん得られる中国,世界中から注目されています.
 化石というのは,万人の好奇心をくすぐります.植物の葉の部分化石は,河原の石ころからでも,比較的容易に見つかります.しかし,昆虫や他の節足動物の化石としては,家族で化石を探しに行ったときに子供が見つけたカニの化石(甲幅3 cm弱)が身近では唯一のものです.良い宝物が見つかりましたね.

カニ化石
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

首都大動物生態

Author:首都大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR