FC2ブログ

ネズミとクルミ

 ニホンリスは,オニグルミの実を一方的に食べてしまうわけではなく,貯食行動によってオニグルミの分散に寄与していることが明らかになりました(ここ).オニグルミの実を食べる動物として,他にアカネズミがいます.リスはクルミの実を少し削って隙間を作り,そこに門歯を差し込んで,てこの原理で二分割して中身を食べることができます.一方,ネズミは,堅い殻の側面を削り続けて穴をあけ,中身を食べます.
 このアカネズミ,リスと同じようにクルミの実を貯食します.自分の巣に持ち込む場合(集中貯食)と,一個ずつくわえて運んでいって地表に隠す場合(分散貯食)があります.アカネズミは日本に広く生息しています.そこで,ニホンリスとオニグルミの関係に,アカネズミが深く関わってきます.2者の関係より,3者の関係の方がはるかに複雑になり,解明意欲がわいてきますね.(つづく)

アカネズミ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

首都大動物生態

Author:首都大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR