FC2ブログ

論文賞受賞

 日本昆虫学会は,英文誌である「Entomological Science」 という国際誌と,和文誌である「昆蟲ニューシリーズ」を発行しています.これらに掲載された論文から毎年2編が論文賞として選ばれます.今年度(2014年に出版された論文の中から),動物生態学研究室で行われた研究成果である Cantharidin world in nature: a concealed arthropod assemblage with interactions via the terpenoid cantharidin. Entomological Science, 17(4): 388-395 がその論文賞を受賞しました.この論文の内容についてはこのブログでも「カンタリジン世界」として紹介しました.カンタリジンという化学物質を介した生物の相互作用が自然界には存在します.興味のある方はそれらのブログを見て下さい(これこれこれこれこれ).下の写真は,ホソアシチビイッカクという小型の甲虫類の1種です.これもカンタリジン世界の住人です.体長1〜2 mm と小さいですがちょっと良い格好ですね.前胸から頭の上に突出した角の機能についてもすでに調べてあります(これ).

ホソアシチビイッカク

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

首都大動物生態

Author:首都大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR