FC2ブログ

武器をもつか,プレゼントを贈るか

 昆虫の世界には,我々が予想するよりはるかに不思議な現象で満ちあふれています.雌雄が出会って交尾をする過程で,オスとメスのかけひきがあります.オスどうしがメスあるいはメスが来る場所をめぐって争いをすることはよく知られています.一方,オスからメスへ婚姻贈呈を行うこともあります.前者の場合には,オスどうしの戦いで勝つために,大きな武器を身にまといます.カブトムシのオスの角やクワガタムシのオスの牙は,そうしたオスどうしの戦いに使う武器として進化したと考えられます.一方,後者では,オスはメスへのプレゼントを用意しなければなりません.プレゼントを自分で作って用意するためには,それを準備する特別の器官が必要です.しかし,オスは万能ではありません.武器となる角や牙を立派に発達させ,なおかつ高価なプレゼントを作って準備するなどとても無理でしょう.こうした制約のことを trade-off と呼びます.昆虫では,幼虫のときに得た資源(栄養やエネルギーなど)を使って成虫の形態ができあがります.そこには,手に入れた資源を成虫のどの形態に投資するかという trade-off の問題が生じます.この資源の trade-off は,昆虫の形態や行動の進化の大きな制約となっているはずです.ヘビトンボ類には,オスが武器を発達させる種(下の写真はキバヘビトンボ属の1種のオス.メスにはこのような長い牙はない)と,オスが高価なプレゼントを贈る種がいます.はたして武器とプレゼントの両方を使うオスは進化し得るのでしょうか.その論文が Proceedings B に掲載されました(ここ).
キバヘビトンボ属の1種のオス
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

首都大動物生態

Author:首都大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR