FC2ブログ

ムネアカハラビロカマキリ

 昨日紹介したハラビロカマキリは,東京周辺で普通に見られるカマキリ類の1種です.ところが,八王子市ではこれによく似たムネアカハラビロカマキリが見つかりました.ムネアカハラビロカマキリは外国から侵入した外来種と考えられています.下の写真はそのムネアカハラビロカマキリ(メス)ですが,昨日紹介したハラビロカマキリとよく見比べて下さい.どこが違うかわかりますか.ムネアカはその呼び方の通り,前胸の腹側が赤くなっています(ハラビロに見られる褐色の2本の帯模様はありません).もう一つ大きな違いは,ムネアカでは前胸が細長くなってるのに対し,ハラビロでは前胸が太短くなっています.また,ムネアカの方がハラビロよりも少し大型です.ハラビロカマキリを見かけたら,もしかしてムネアカの方かもしれないと思って良く見る必要がありますね.
ムネアカハラビロカマキリのメス
ムネアカハラビロカマキリの胸
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

都立大動物生態

Author:都立大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR