FC2ブログ

南大東島へ(2)

 南大東島へ行ってきた研究室の学生の話によると,夜中に島内を歩き回ったにもかかわらず,残念ながらオオコウモリを見ることはできなかったということです.しかし,夜中に歩くと,ホオグロヤモリとオガサワラヤモリの姿を見ることはでき,オガサワラヤモリには体の模様が異なる個体が写真におさめられていました(例えば下の2つの写真.どちらも南大東島産オガサワラヤモリ).人里にも生息するこれらのヤモリ類は,太平洋上の島々に広く分布しています.人が故意に持ち込まずとも,船や資材の移動にともなって侵入する可能性があります.一方,流木などの漂流によって,自然に分布が広がった可能性もあります.一概に人為分布とは言えませんね.
オガサワラヤモリ1
オガサワラヤモリ2
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

首都大動物生態

Author:首都大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR