FC2ブログ

ランプ虫

 昨日,奥多摩へ行ってきた学生がカミキリモドキ類を採ってきました.シリナガカミキリモドキのオスです(下の写真).カミキリモドキ類は,カンタリジンという毒を出します.本来は彼らの天敵に対する防御物質なのですが,人が強くさわってもこれを出します.カンタリジンが付くと,その部分に水疱ができ,それがつぶれるとひりひりと痛みます.もう30年も前になりますが,伊豆諸島の青ヶ島へ出かけたときに,この虫にかぶれた経験があります.首筋,背中,腕などあちこちに水疱ができてしまいました.青ヶ島では,これをランプ虫と呼んでいて,夜,電灯に惹かれて部屋の中に入り込まないように注意をしていました.
シリナガカミキリモドキ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

都立大動物生態

Author:都立大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR