FC2ブログ

生態学野外実習2日目

 2日目,やや早起きをして,昨日海岸に仕掛けたピットホールトラップを回収しました.昨日の夕方には生きものの気配すら感じていなかった学生たち,目の前に,てんこ盛りに入っているハマダンゴムシやハマベハサミムシなどを見て,眠気もふっとんだ様子です.何が何匹採れたか記録した後,全部海岸に放してやりました.今年はかっこいいヒョウタンゴミムシが一匹も採れませんでした(残念).
 朝食後,雲行きが怪しかったのですが,水生昆虫の調査のために裏山に入ります.しかし,到着してしばらくすると土砂降りになり,川がみるみる増水.用心のため,川の調査はあきらめました.そのかわりに,薄日の差し始めた午後から,海岸に生息するハエトリグモ類やら漂着種子やらを集めることに.それらを宿舎に持ち帰り,どうしてそこにそれらが存在するのか考えてもらうことにしました.
ハマダンゴムシ

佐渡渓流
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

首都大動物生態

Author:首都大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR