FC2ブログ

コカスリウスバカゲロウの羽化

 今飼育中のコカスリウスバカゲロウが羽化する場面に遭遇したので慌てて写真を撮りました.ウスバカゲロウ類の幼虫は,いわゆる蟻地獄と呼ばれますが,すり鉢状の落とし穴を作る種は意外と少ないのです.今回羽化したコカスリウスバカゲロウの幼虫は巣を作らず,砂地の表面に少し埋もれて隠れているだけです.そばを通りがかった昆虫類などの小動物を(おそらく振動で察知して)大顎で挟んで捕らえ,大顎の先端から体液を吸います.
 砂の中に作られた繭(まゆ)から成虫が現れて,止まり木に静止します.翅はとても短くまだ黒ずんでいます.腹部も短いですね.ここから徐々に翅を伸ばし,腹部も伸びて,幼虫の姿からは想像もできないような細長い体型の成虫となります.昆虫の終齢幼虫が,蛹を経て成虫になる過程(変態)は,何度見ても不思議ですね.
コカスリ羽化
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

首都大動物生態

Author:首都大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR