FC2ブログ

アゲハモドキの幼虫と繭

 蛾の幼虫シリーズとして,今度はアゲハモドキです.この幼虫の体色はオリーブ色で,背中側に黒い斑紋がわずかにありますが,体表全体には白い分泌物がたくさん付着しています(幼虫の写真の横棒は1 mm).毒針毛らしきものはないので触っても問題はないと思います.繭は緻密で,中の幼虫(前蛹)も蛹にも幼虫のときの白っぽい粉が付いています(横棒は5 mm).

アゲハモドキ老齢幼虫背面
アゲハモドキ老齢幼虫側面
アゲハモドキの繭
アゲハモドキの繭の中の幼虫(前蛹)
アゲハモドキの繭の中の蛹
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

都立大動物生態

Author:都立大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR