FC2ブログ

キアシドクガの羽化

 今,裏山では白い蝶のような蛾のような昆虫がたくさん飛翔しています.昼間,ひらひらと梢(丸坊主になったが新芽を出しているミズキ)の周りを舞っていますが,これはキアシドクガという蛾です.この前,このブログで前蛹と蛹が仲良く並んでいる写真を紹介しましたが,それらが一斉に成虫として羽化したというわけです.下の写真は羽化したばかりのキアシドクガのオスです(前脚が黄色いのでキアシという).ちょっと上にあるのはその蛹の抜け殻です.蛹の色は最後まであまり変わりませんね.成虫は口器が退化していて何も食べずに交尾・産卵を行います.紙吹雪のような光景もしばらくすると何もなかったかのように消えてしまいます.

キアシドクガの羽化
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

都立大動物生態

Author:都立大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR