FC2ブログ

クロモンドクガの蛹と成虫

 クロモンドクガの繭の中の蛹は光沢があって毛は付いていません(写真は側面と腹面図,横棒は 5 mm).そこから羽化して繭の外へ出てきた成虫を触ってもかぶれることはないので,おそらく成虫には幼虫の毒針は残っていないようです.成虫では,オスが黒っぽく,メスが黄色っぽい色をしています.

クロモンドクガの繭の中の蛹側面
クロモンドクガの繭の中の蛹腹面
クロモンドクガのオス成虫
クロモンドクガのメス成虫
スポンサーサイト



プロフィール

都立大動物生態

Author:都立大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR