FC2ブログ

3月の西表島(5)

 小笠原諸島や琉球列島の海岸部には,オカヤドカリ類が生息しています.下の写真は西表島で撮影されたムラサキオカヤドカリです.この他にもオカヤドカリ,ナキオカヤドカリという種も生息していますが,普通はすべてこのムラサキオカヤドカリです.海岸に打ち寄せられた巻貝の殻の中に柔らかい腹部を潜り込ませて暮らしています.驚くと,殻の中に完全に潜り込んで大きな硬いハサミで蓋をします.貝殻を大きいものに取り替えないと成長できません.大きな貝殻は稀なので大きなムラサキオカヤドカリも稀です.ムラサキオカヤドカリは小さいと体色が白っぽいままです(小さい個体も性的には成熟している).大きくなって初めて,名前のように体色が下の写真のように紫色になります(写真のは小さめのキウイぐらい).大きな貝殻が多い海岸では体が大型化し,大きな貝殻が利用できない場所では小型化していて,まるで別種のようですが,そうではないのです.外来種であるアフリカマイマイが移入された島では,ときにその大きな貝殻がたくさん転がっています.あるいはサザエなどの貝殻を海岸に捨てておくとそれを彼らは利用します.そのような場所では大きなムラサキオカヤドカリが増えます.
文献:外来種ハンドブック.地人書館.2002年.
   小笠原研究年報 14: 1-9. 1991年

ムラサキオカヤドカリ
スポンサーサイト



プロフィール

都立大動物生態

Author:都立大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR