FC2ブログ

ヒキガエルの野外での行動追跡

 夜行性の動物の行動を野外で調べるために,いろいろな方法が考案されています.その一つの方法として,動物に蛍光顔料を塗布し,動くたびに落ちた蛍光をたよりにその個体の移動を追跡する方法があります.蛍光顔料は動物に悪影響を与えず(顔料なので),また,じぐざぐな移動をダイレクトにトレースできるという利点があります.今回この方法を用いて,キャンパス内に生息するヒキガエルの行動解析を行った論文が出版されました(この論文).ヒキガエルは大型で,跳ねながら地表を移動するため,粉を落としながら少しづつ進んで行きます.
「蛍光顔料を塗布したヒキガエル」
蛍光顔料を塗布したヒキガエル
「ブラックライトを照らして落ちている蛍光粉末の奇跡を見る」
野外に残された蛍光顔料
スポンサーサイト



プロフィール

都立大動物生態

Author:都立大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR