FC2ブログ

台湾4日目

 3日目の午後に台北に移動し,4日目は台北南部に広がる山すその町へ.あいにく小雨まじりの曇天で,気温も低いのですが,渓流ではヘビトンボ類の幼虫を見ることができました.上の写真はヒメヘビトンボ(Protohermes costalis)の幼虫で,日本のヘビトンボの幼虫にそっくりですが体色がやや黄色いのが特徴です.下の写真はモンヘビトンボ(Neochauliodes formosanus)の幼虫で呼吸管が細長く,基部で離れているのが特徴です.台湾には Neochauliodes sinensis も記録されていますが,極めて稀でまだ見たことがありません.これら3種は中国大陸にも広く分布しています.台湾にはさらにタイワンクロスジヘビトンボ(Parachauliodes nebulosus)も生息しています.これは台湾・石垣島・西表島の固有種です.この幼虫は日本でも未発見で,今回も気にしていたのですが見つかりませんでした.
台湾産ヒメヒビトンボの幼虫
台湾産モンヘビトンボの幼虫
スポンサーサイト



プロフィール

首都大動物生態

Author:首都大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR