FC2ブログ

ミノガのメスの翅の退化(1)

 24日の季節外れの大雪の日,首都大学東京 南大沢キャンパスの植木についているミノガの写真を学生が撮影していました(下の写真).これはチャミノガの幼虫が作った蓑です.寒さに震えてしまいそうな絵柄ですが,蓑は成虫が羽化した後も残るため,すでに中は空のはずです.折しも,共同で行ってきたミノムシ類の論文がonline firstで出版されました(この論文).ミノムシ類では,いずれもオスの成虫にはちゃんと翅があるのですが,メスの成虫には,翅のある種,翅が痕跡的になっている種,翅がまったくない種がいます.それらの分子系統樹を作成して,翅の退化パターンを明らかにした論文です.(続く)
チャミノガの蓑
スポンサーサイト



プロフィール

都立大動物生態

Author:都立大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR