FC2ブログ

トウキョウサンショウウオ集団の遺伝的異質性と多様性(2)

 トウキョウサンショウウオ46集団の集団遺伝学的解析から,ミトコンドリアDNAと核DNAに基づく多様度の間には正の相関が認められました.多様度はいろいろな値で示されますが,例えばミトコンドリアDNAのハプロタイプ多様度(h)とマイクロサテライトDNAの対立遺伝子多様度(AR)の関係を見ると,ハプロタイプが一つしかない集団(h=0)では,対立遺伝子の多様度もかなり低くなっていました(AR=1〜1.5).集団の遺伝的多様性が失われると絶滅リスクが増大すると考えられますが,集団毎の遺伝的分化も認められるので,安易な人為的移入は避けるべきだと思われます.残念ながら,一部の個体群に人為的移入の可能性が認められました.
遺伝的多様性

スポンサーサイト



プロフィール

都立大動物生態

Author:都立大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR