FC2ブログ

利己的な群れ

 沖縄からキンメモドキの群れの写真が届きました.東京では猛暑が続いています.魚のように海を泳いでみたいものです.ところで,動物には大群を形成するものが少なからずいます.このキンメモドキの群れは,各個体が利己的に振る舞う結果として形成されていると考えられます.捕食者である大きな魚に襲われた時,群れの中にいると捕食される確率が低くなります.つまり,どの個体も我先に群れの中へ,群れの中へと逃げ込もうとするので,密度の濃い群れが形成されて維持されるというわけです.

キンメモドキ1
キンメモドキ2
スポンサーサイト



プロフィール

都立大動物生態

Author:都立大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR