FC2ブログ

タイ南東部(2)

 タイ南東部のカンボジア国境近くで見られた動物を3種紹介します.一つ目は,バタフライリザードと呼ばれるトカゲの1種です.地面から顔を出して警戒していますね.この仲間には単為生殖を行う種が多く,そうした種では,メスがメスを産んで,またそのメスがメスを産んで...と交尾をすることなく増殖します.二つ目は,ヨタカの仲間で,地面で抱卵しているようです.目立たない姿(擬態)をしているからと言って,捕食者に狙われないかと心配してしまいます.三つ目は,リーフモンキーの仲間です.親子で体色が異なることで有名です.親はシルバーの渋い毛色ですが,子は明るい黄色のとてもよく目立つ色をしています.子の色にはどんな生態学的意味があるのでしょうか.

バタフライリザード1
バタフライリザード2
ヨタカの1種
リーフモンキー
スポンサーサイト



プロフィール

都立大動物生態

Author:都立大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR