FC2ブログ

川を泳ぐけもの

 名古屋近郊で,カヤネズミの野外調査の手伝いをしてきた学生が撮影した写真の中に,川を泳ぐ比較的大きなけものが写っていました.人は,子どもの時から見てきた様々な風景が頭の中に焼き付いています.いろいろな動物たち,異国の町並みなど,それがその人の個性を作るといっても過言ではありません.しかし,この写真には,何か違和感があります.川を渡る比較的大きなけものといえば,ニホンカワウソの可能性がありますが,それは絶滅してしまったはずです.実は,川を泳ぐのは,ヌートリアと呼ばれる外来の齧歯類なのです.南米の湿地帯に生息するこの大きなネズミの仲間は,その毛皮を利用するために持ち出され(飼育され),あげくの果てに,世界各地で野生化してしまいました.違和感は,そこにあるのです.これを見て,とっさにそれが何なのかわからないからですね(大発見かも知れない期待感とは別物なのです).
ヌートリア
スポンサーサイト



プロフィール

都立大動物生態

Author:都立大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR