FC2ブログ

生態学の講義

 今日から,都心に近い大学で,非常勤講師として「生態学」の授業を行うことになりました.後期の後半部を担当するので,毎週1コマ(90分授業)を6週にわたって行います(途中に冬休みをはさみます).今日は,進化と生態学という題目で,自然選択の説明を中心にして,擬態などの実際の例を紹介しました.例えば,ミュラー式擬態というのは,同所的に棲む有毒な生物どうしが系統的にはかけはなれているのに,互いに模様がよく似ていることをさします.カミキリモドキ類はカンタリジンという有毒成分をもっていますが,その警告色がいろいろな種で似ています.これもミュラー式擬態の例かも知れませんね.もしそうだとすると,どうして互いに似た色彩が進化するのでしょうか.
カミキリモドキ3種

スポンサーサイト



プロフィール

都立大動物生態

Author:都立大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR