FC2ブログ

キビタキ

 キビタキはその鳴き声が独特で,慣れると姿を見ることができます.比較的狭い範囲の中で暮らしているので,姿を見るためにはじっと待つのがコツです.鳴くのはオスですが,近くにいるメスを見ることもできます.東京近辺では,外来種であるガビチョウの声と紛らわしいことがあります.ガビチョウの方が体が大きいため,声が大きく野太い感じです.

キビタキのオス
スポンサーサイト



3月の西表島(4)

 写真は西表島で放し飼いにされている牛の背中にアマサギが止まっているところです.アフリカでサイの背中や首筋に鳥が止まっていてダニなどの寄生虫を食べているという映像を見たことがあると思います.サイは寄生虫を取ってもらえ,鳥は餌を簡単に得られるので,両者は相利共生の関係にあると見なせます.一方,鳥が哺乳類や大型の爬虫類などの皮膚をつついて出血させ,その血を吸うという行動も稀に知られています.吸血したダニを捕食したり,寄生虫を剥がしたところが出血したりすると,吸血するという行動が稀に学習によって獲得されることがあると考えられています(吸血を専門とする鳥はいない).この場合,鳥と宿主はいわゆる寄生の関係になってしまいます.
 写真では,たまたまアマサギが1羽だけ牛の背中にいましたが,普通は牛の周りにいます.牛が歩くと,それに驚いてカエル類,バッタ類,コオロギ類などが跳ねて逃げます.アマサギはそれをねらって牛の周りにいるのです.自分で探すより,牛について回った方が餌を見つけやすいのです.この場合,牛とアマサギはどのような種間関係にあるのでしょうね.

牛の背中のアマサギ
牛の牛の周りのアマサギ

3月の西表島(3)

 八重山群島には,カンムリワシ という小型の猛禽類が生息しています.本種は,亜熱帯林や熱帯林の樹林内で狩をします.下の写真の個体は,まだ羽毛が白いので若い個体です.

カンムリワシ

3月の奄美大島(2)

 3月の奄美大島の鳥の写真です.上から,アマミヤマシギ,リュウキュウコノハズク,アカヒゲ です.

アマミヤマシギ
リュウキュウコノハズク
アカヒゲ

ニュージーランドの鳥

 ニュージーランドで開催された第9回国際爬虫両生類会議に参加した学生が鳥の写真も撮ってきてくれました.上から順にカカ(ミヤマオウムの仲間),ニュージーランドバト,タカへです.

カカ
ニュージーランドバト
タカへ
プロフィール

都立大動物生態

Author:都立大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR