FC2ブログ

3月にもなると

 3月にもなると,もう春はすぐそこという感じです.今年の2月は暖かい日が多く,生き物の出現は例年より早くなりそうです.研究・調査に出遅れないようにしなといけませんね.下の写真は,伊豆大島でつい先日撮影された風景です.オオシマザクラの花とメジロ,椿に囲まれてmating callを発するクリハラリスのオス(これまでタイワンリスと呼ばれてきた外来種)です.

オオシマザクラとメジロ
椿に囲まれてくつろぐクリハラリス
スポンサーサイト

ヒレンジャクとヤドリギ

 ヒレンジャクはよくヤドリギの実を食べます.ヤドリギの実を食べたヒレンジャクの糞は,納豆が糸をひくように粘ります.ネバネバした糞の中には,未消化のヤドリギの実が入っており,それが木の枝に付着します.そこからヤドリギは発芽して,木から栄養をとりながら(光合成もしながら)寄生生活を送るわけです.もしヒレンジャクがヤドリギを食べても糞に粘り気が付かなければ,種子は地面に落ちてしまい,ヤドリギは途絶えてしまいます.昨日紹介した地表で水を飲むヒレンジャクの写真は,ヤドリギの実を食べている途中で下に降りて来た時に撮影したものだそうです.

ヤドリギの実を食べるヒレンジャク
ヤドリギの実を食べたヒレンジャクの糞

ヒレンジャク

 この時期でないとなかなか見られない鳥の一つに ヒレンジャク があげられます.とてもカラフルな鳥でよく目立ちますが,樹上にいて観察は容易ではありません.下の写真は,研究室の大学院生が,水を飲みに地表に降りてきたところを写したものです.何ともスマートな鳥ですね.

水を飲みに来たヒレンジャク

カワセミ

 昨日30日(水)の1限目に,先日の水生昆虫野外実習の発表会を行いました.参加者は生命科学部2年生と3年生でしたが,各自が担当した分類群あるいは項目についてよく調べ,パワポを用いてまとめてくれました.こうした授業は,座学よりも記憶に残ると思います.もちろん座学で知識や科学的思考力を学ばないとより深く議論することができなくなってしまうのですが.下の写真はカワセミが大きなオイカワを捕らえて食べているところです.

オイカワを食べるカワセミ

ペンギンになりきるアオサギ

 動物園でペンギンの中に紛れ込むアオサギを見つけました.野生のものがペンギンのふりをしているのか,動物園でペンギンと一緒に飼われているのかわかりませんが,見ている人はこれに気がつかないようです.

ペンギンのふりをするアオサギ
プロフィール

首都大動物生態

Author:首都大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR