FC2ブログ

3月の西表島(5)

 小笠原諸島や琉球列島の海岸部には,オカヤドカリ類が生息しています.下の写真は西表島で撮影されたムラサキオカヤドカリです.この他にもオカヤドカリ,ナキオカヤドカリという種も生息していますが,普通はすべてこのムラサキオカヤドカリです.海岸に打ち寄せられた巻貝の殻の中に柔らかい腹部を潜り込ませて暮らしています.驚くと,殻の中に完全に潜り込んで大きな硬いハサミで蓋をします.貝殻を大きいものに取り替えないと成長できません.大きな貝殻は稀なので大きなムラサキオカヤドカリも稀です.ムラサキオカヤドカリは小さいと体色が白っぽいままです(小さい個体も性的には成熟している).大きくなって初めて,名前のように体色が下の写真のように紫色になります(写真のは小さめのキウイぐらい).大きな貝殻が多い海岸では体が大型化し,大きな貝殻が利用できない場所では小型化していて,まるで別種のようですが,そうではないのです.外来種であるアフリカマイマイが移入された島では,ときにその大きな貝殻がたくさん転がっています.あるいはサザエなどの貝殻を海岸に捨てておくとそれを彼らは利用します.そのような場所では大きなムラサキオカヤドカリが増えます.
文献:外来種ハンドブック.地人書館.2002年.
   小笠原研究年報 14: 1-9. 1991年

ムラサキオカヤドカリ
スポンサーサイト



イソウロウグモの仲間の卵嚢

 イソウロウグモと呼ばれるクモの仲間がいます.この仲間のクモは,他のクモの網にちゃっかりと住み着き,そこでその糸にかかった餌を横取りしたり,糸に卵嚢をぶら下げたり(下の写真)して暮らします.それで居候蜘蛛と呼ばれています.他のクモが頑張って張った糸を自分のために利用するので,このことを「労働寄生」と呼んでいます.しかし,住み込み先のクモを食べてしまうこともあるようで,そうなれば「捕食者/寄生者」の肩書きも付いてしまいます.
イソウロウグモの仲間の卵嚢

光るババヤスデ

 10月下旬に八王子西部の山林で,ヒメバチの1種に便乗していたトゲヤドリカニムシを見つけた学生らが,もう1つおもしろい写真を撮ってきてくれました.それはババヤスデの仲間です.夜中,ブラックライト(紫外部である365 nm付近の光のみを出す)で照らすと普通は葉も草も虫も地面も黒いままなのですが,このババヤスデは青白い蛍光を発して闇夜に浮かび上がります.つまり,昼間にも,太陽光には紫外線が含まれているため,ババヤスデは淡褐色の体色だけでなく,青白い蛍光も発していることになります.この青白い蛍光がさらに紫外部まで含んだ色であるなら,紫外部の光が見えると言われている鳥類ではどのように見えているのでしょうか.鳥類にとっては,ババヤスデは不味い餌のはずなので,紫外部を含んだ発色は,天敵に対する警告色としての機能があるのかも知れませんね(本当かどうかはわかりません).

青白く光るババヤスデ

便乗するカニムシ

 カニムシという変わった形の節足動物がいます.だいたい 5 mm ほどの大きさなのですが,サソリに似ていて格好良い動物の一つです.昆虫ではなく,翅はありません.いくつかの種では,他の動物に便乗して移動することが知られています.先週,東京都西部で,ヒメバチの1種のメスに便乗しているトゲヤドリカニムシ(あるいはその仲間)を見つけた学生が写真を撮ってきてくれました(下の写真).体長 15 mm ほどのヒメバチの1種の脚に2頭もこのカニムシが付いていてもぞもぞ動いていたというのです.よく見ると,どちらもハサミでヒメバチの脚をはさんでしがみついています.定員オーバーで不時着といったところでしょうか.
ヒメバチ類の1種に便乗していたトゲヤドリカニムシ
トゲヤドリカニムシ
便乗するトゲヤドリカニムシ
プロフィール

首都大動物生態

Author:首都大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR