FC2ブログ

食べられるドングリ(8)

 食べられるドングリの最後は シリブカガシ です.このドングリは マテバシイ の近縁種で,よく似た格好をしていますが,へその部分が小さく,深く窪むのが特徴です.シリブカガシとマテバシイは花を付ける時期が異なり(前者は秋に,後者は初夏に咲く),シリブカガシでは,秋に花とドングリを同時に見ることができます.
シリブカガシ

食べられるドングリ(7)

 先月(11月),食べられるドングリ(1)〜(6)を紹介しましたが,その続きです.イチイガシは関東地方ではなかなか見ることができませんが,これも食用となるドングリの一つです.下の写真のスケールは1 cmです.
イチイガシのドングリ

食べられるドングリ(6)

 イヌブナの実も食べられます.イヌブナの実は,ブナの実を一回り小さくした感じです.ちょっと朝顔の種子に似ています.イヌブナを見るなら高尾山が一番です.昨年はめずらしくイヌブナの実がたくさん落ちていましたが,今年は実を見ることができません.スケールは1 cmです.
イヌブナ

食べられるドングリ(5)

 ドングリと呼ぶには,クリと同じように少し違和感がありますが,ブナの実も食べられるドングリの一つです.ブナは,冷涼な場所に自生するので,関東周辺では高い山に行かないと見ることができません.高尾山の山頂近くにはブナの木がありますが,実はなかなか見つかりません.ブナの結実の豊凶は顕著です.スケールは1 cmです.
ブナ

食べられるドングリ(4)

 スダジイとよく似ていますが,東海地方から西日本にはツブラジイ(コジイ)というドングルの木があります.スダジイよりも丸い形のドングルですが,中間的なものもあり,見分けが難しいドングリの一つです.もちろんこのドングリにも苦味(渋み)はありません.スケールは1 cmです.
ツブラジイ
プロフィール

都立大動物生態

Author:都立大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR