FC2ブログ

卒業・修了式

 今年度の生命科学科の卒業式と生命科学専攻の修了式は,研究室単位で証書を手渡すだけの簡単な方法になりました(ただし,博士の学位記は理学研究科として授与).各階にある2箇所の踊り場には下の写真のような飾りが置かれ,そこで記念撮影が行えるように配慮されていました.

2019年度卒業・終了式
スポンサーサイト



卒論,修論,博論

 今年度,動物生態学研究室では,卒業論文2件,修士論文3件,博士論文2件の提出があります.研究材料は,ネズミ,クワガタ,ザトウムシ2つ,ガ,カエル,ムササビと多岐にわたり,修論1件,博論2件が英語で作成されました.この作業を通して,作成者も直す方もますます博学になっていきます.

修論と博論

2019年度生命科学専攻博士論文発表会

 今日(28日)は,生命科学専攻の今年度の博士論文発表会の1日目でした.動物生態学研究室からは2名が発表を行いました.発表時間は1人あたり30分,その後に質疑応答が15分続きます.この発表の後,博士論文を書き上げ,1月までに今度は審査委員(3名)との討論があり,2月中旬までに製本された博士論文を提出することになっています.

2019年度博士論文発表会

TMUバイオコンファレンス2019

 11月15日(金)の午後,毎年この時期に開催している生命科学専攻/生命科学科の「TMUバイオコンファレンス2019」という研究発表と交流の会がありました.シンポジウムの他に,73件のポスター発表(主に大学院生の発表)が行われました.動物生態学研究室からも5件のポスターを展示しました.この会では自主的に学生,教員が投票してポスター賞が授与されます.動物生態学研究室では2件がこの賞を受賞しました.

TMUバイオコンファレンス2019

日本昆虫学会 第79回大会 ポスター発表

 今,開催されている日本昆虫学会 第79回大会で,ポスター発表を行なった動物生態学研究室の大学院生が最優秀ポスター賞を受賞しました.生物学関連の各学会では,若い研究者の励みになるよう,また,研究や発表の手本となるよう,こうしたポスター賞や口頭発表賞を設けています.生物の研究の目的は,自然界での新たな現象の発見や原理の解明です.些細なことでも何か新しいことが次々見つかると,こんなにおもおしろいことはありません.

ポスター会場
プロフィール

首都大動物生態

Author:首都大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR