再び日本海の小さな島へ

 5月26〜27日に,再び日本海に浮かぶ小さな島へ調査に出かけました.センサスをしていると,道路には比較的大きなカタツムリの殻がけっこうたくさん落ちていました.誰が食べたのでしょうか.越後山脈には残雪があり,夕陽に映えて奇麗な色に染まっていました.

夕陽に映える越後山脈

カタツムリの殻
スポンサーサイト

アカハライモリの孵化

 アカハライモリの卵は,1個ずつ水草などに付着しています.発生が進むと卵から幼生が飛び出します.卵の中では幼生はC字状に丸まっています.下の写真は間もなく卵(直径4〜5 mm)から飛び出しそうな幼生です.飛び出した幼生はさらに水底で餌を食べて成長し,小さなイモリの格好になって(変態して)上陸し,林床での長い生活が始まります.
アカハライモリ孵化間近

宮城の山へ

 今日(17日)は,宮城県(山形県境近く)の山へ調査に出かけました.ここにはもう35年ほど前から足繁く通っていますが,実験材料の昆虫をいつも効率良く得ることができます.さすがに35年も経つと,山の木が大きくなりました.村の軒先で,センブリ(千振)という植物を日影で乾燥させていました.山で採ってきてよく乾燥させ,これを煎じて飲むと胃腸に良いのだそうです.乾燥したセンブリを3 cmくらいの長さに切り,それを3本くらい湯のみに入れ,そこにお湯を注いで飲むのだと教えてくれました.また,山歩きの時など,この乾燥センブリを少しちぎって口に入れて咬むと,疲れがとれるとも教えてくれました.

宮城の山
センブリの日影干し

やっと

 分類,系統,進化,生態の研究をしていると,どうしても見てみたいという種が出てきます.それを見ることによって,これまでに蓄積されてきた知見が,ちょうど堰が切れた水のように論文として発表することができる場合があります.あるいは,これまでもつれ合っていた糸があっという間にほぐれてしまうことがあります.
ウスバカゲロウの1種

昆虫DNA研究会 第14回研究集会

 13日と14日は,千葉県立中央博物館で開催された「昆虫DNA研究会 第14回研究集会」に,動物生態学研究室から2名が参加し,口頭発表を行いました.講演要旨集の表紙やポスターには,ミャンマーの琥珀に封入されている昆虫の写真が使われていました.
昆虫DNA研究会
プロフィール

首都大動物生態

Author:首都大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR