FC2ブログ

ハネナガウンカ類

 ハネナガウンカ類ほど,写真写りの良い昆虫はいないかも知れない.実物は目を凝らして見てもその詳細までは見えないのに,写真に撮って見てみると細かい部分まで写り,驚くほど格好良く見える.写真は,上から,シリアカハネナガウンカ,アヤヘリハネナガウンカ,同種の撮影角度の違うものである.

シリアカハネナガウンカ正面
アヤエリハネナガウンカ正面角度違い
アヤヘリハネナガウンカ正面
スポンサーサイト



アカハネナガウンカ

 マエグロハネナガウンカの写真を撮った学生が,この仲間の写真を他にも見せてくれました.下の写真は,アカハネナガウンカ という種です.オレンジ色が綺麗で,なかなか愛嬌のある表情ですね.ハネナガウンカ類では,前翅が長く,後翅が短くなっています.

アカハネナガウンカ正面
アカハネナガウンカ側面

マエグロハネナガウンカの何とも言えないフォルム

 学生が,マエグロハネナガウンカ という同翅亜目の昆虫(成虫)が大学の校舎の壁に止まっているのを見つけて写真を撮ってくれました.翅の長さが15 mm 弱の小さい昆虫ですが,その姿はとてもユニークで愛嬌がありますね.森の中でこれを見つけるのは大変です.写真は上から正面,背面,側面です.

マエグロハネナガウンカ正面
マエグロハネナガウンカ背面
マエグロハネナガウンカ側面

外来種であるムネアカオオクロテントウ

 昨日(9月19日),大学院生が,大学のキャンパス近くのクズにいたムネアカオオクロテントウを1匹採ってきました.このテントウムシはアジア南方から最近侵入した外来種だそうで,この辺りでもすでに確認されているとのことです.テントウムシ類は忌避効果のある物質を出すため,警告色が発達していますが,その中でも本種はよく目立つ色をしています.
ムネアカオオクロテントウ正面
ムネアカオオクロテントウ背面

ツマグロヒョウモンのメス

 本当にずいぶん前,西日本(太平洋側)にいたころ,秋口になると山裾の荒れた斜面にできる草原にメスグロヒョウモンとツマグロヒョウモンが集まる場所がありました.メスグロヒョウモンは夏眠から覚めて飛び古した個体が,多化性のツマグロヒョウモンは最後の世代となる新鮮な個体が花蜜を求めて舞っていました.オスはどちらもオレンジ色ですが,メスグロヒョウモンのメスは全体が黒くそこに白い斑紋,ツマグロヒョウモンのメスは前翅の先端が黒くて白い帯がよく目立ちます.色々いて華やかなのに,そこには2種しかいないことを知っている人はいませんでした.
 下の写真は,ついこの前,八王子市の西部で見かけたツマグロヒョウモンのメスです.この蝶はだんだんと分布域を北に広げていて,今ではこのあたりでも普通種の1つになってしまいました(昔はいなかった).生物の分布というのは流動的であるという感覚をもっていないといけませんね.

ツマグロヒョウモンのメス(秋)

プロフィール

都立大動物生態

Author:都立大動物生態
研究室の日常の紹介
研究室HP
研究室HP in English

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR